引越しの時の豆知識

引越しが初めての方はもちろんですが、何回も引越しした人でも知っておいて損にはならない豆知識です。

個人のお客さまの引っ越しの場合、標準引越運送約款と言うものがあります。

引越し業者は契約の時に標準引越運送約款をお客様に提示しなければなりません。

この様式の約款を使用する場合は国土交通省に申請はいりませんが、独自の約款を使用するようでしたら申請して認可されなければなりません。

引越し業者が標準引越運送約款を利用した場合、仮に内金や手付を要求されても支払う必要はありません。

そのような類のお金は一切払う必要はないのです。

見積金額と請求金額が違う、よくあることですが、追加料金が発生した場合追加した作業はどちらの責任かということです。

もしお客様の都合での追加ならお客様は支払う必要があるます。

しかし引越し業者側のミスならば、払う必要はありません。

しかし業者は追加の作業はある場合はその場で説明する義務があります。

引っ越し代金をクレジットで払う場合、見積書に明記しなければなりません。

クレジット払いであることと、使えるクレジットの種類を明記しなけれななりません。

引越し日をお客さまが変更した場合は、延期手数料を請求せれたは支払う必要があります。

しかし2日前に業者は引越しの見積もり中身の変更があるかどうか確認する必要があります。

それをしなかった場合は延期手数料は支払う必要はありません。

細かいようですがこのようなことを知っておけば、失敗はないと思います。